一億総活躍社会の実現


お金計画 政府は我が国の構造的な問題である少子高齢化から、

「希望を生み出す強い経済」
「夢をつむぐ子育て支援」
「安心につながる社会保障」

の「新・三本の矢」で「一億総活躍社会」の実現を表明しています。(平成27年からスタート)

報道で目にすることが多いのは、

  1.労働賃金引上げ(同一労働同一賃金の実施)
  2.子育て支援
  3.介護サービスの充実

でしょう。

 一方で先日より

 ・長時間労働で自殺した電通の新入社員の問題から「ブラック企業の公表」
 ・「保育園落ちたの私だ」等のブログから問題。「待機児童の早期解決」
 ・介護職員の不足から外国人研修生の「研修期間の延長」や、介護職の就労ビザ発行

が話題に乗っています。

 また、労働力不足解消と女性参加社会の実現から、
  1.以前からの配偶者控除の見直し
     (今度103万円から150万円へのアップが議論されています。)
  2.人手不足の解消から「テレワークの活用」と『副業・兼業』の容認の動き。
   これらは、すでに導入している大手企業もあります。
  3.人材不足から、「クラウドワーカー」の利用等
   新しい働き方や、制度の見直しが進んでいます。
 
 少子高齢化社会、将来の年金支給問題等、課題は多いですね。


お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。