信金カード、信組カードはどこでも使えるの・・・?


信金カード、信組カードのCD・ATMのネットワークは・・・・
どのようになっているのでしょうか?

     
 中国銀聯(ぎんれん)カード世界最大規模の中国のキャッシュカード「中国銀聯(ぎんれん)カード」銀聯カードは、中国国内の銀行間ネットワーク決済を行う「中国銀聯」に加盟の金融機関が発行するカードで、発行枚数は約25億枚に上ると言われています。が、1月より京都銀行のATMで利用可能になったとの報道がありました。同カードでATMが使えるのは、一部の大手銀行だけでしたが、今回、地方銀行も対応するようになりました(その規模は、すごい力ですね)。特に、京都は、中国人の観光客が多く、地域経済の活性化には欠かせないということですね!・・ この話をすると、信金カードや、信組カードは、「共通でATMが利用できるの?・・・」と言う質問がありました。 信金、信組も提携グループ内ならそれぞれ、どこからでも出金できます・・・  さらに、信金・信組クレジットカードが、提携しているVISA・JCBなら、提携先のATM・CDの利用・加盟店の利用ができます。  住民税では「ふるさと納税制度」で地元を応援する制度がありますが、地元の金融機関の利用も、結果として出身地域の応援東北大震災後、地元地域の為に、リスクを覚悟で頑張っている、地元金融機関の報道を見ました。頑張っているのは、規模で動く都銀ではなく、地域を地盤とした金融機関でした。応援しましょう。にもなります・・・

信金信用金庫のイメージキャラクターは、あのゴルフの石川遼選手です。のATMネットサービス 「しんきんゼロネットサービス」と言います。
 北海道から沖縄までの47都道府県に設置されている全国の信用金庫ATMを手数料無料で利用できるサービスです。  しんきんのキャッシュカードなら、  平日8:45~18:00の入金・出金、土曜の9:00~14:00の出金については自動機利用手数料が無料で利用できます。  ※対象外のしんきんATMも一部あります。
信組のATMネットサービス 「しんくみお得ねっと」と言います。
 提携している信組の各地に設置されている自動機(CD・ATM)の利用手数料を無料化するサービスを、実施しています。  しんくみのキャッシュカードなら、  平日8:45~18:00の出金、土曜の9:00~14:00の出金については自動機利用手数料が無料で利用できます。  ※このサービスは、「しんくみお得ねっと」提携信用組合が発行したキャッシュカードで、「しんくみお得ねっと」のステッカーがあるCD・ATMでご利用の場合となります。提携していないの信用組合ATMでの出金の場合は「その他信用組合」扱いの出金利用手数料がかかります。
数年前、家族の為に地方銀行、郵貯銀行への送金口座を作ろうとしたら・・・ 「何で・・そんな地方の口座が? 今の口座(都銀)で充分でしょう?」と質問されました。
  真顔で・・「学生の息子の生命線です!・・・」と答えたら、担当者は納得していました。   地方では、都銀の店舗ネットが少なく、不便なこともあるのです・・・・
地域銀行や相互扶助の理念を目的とした信金・信組の役割は大きいものです。CD・ATMの稼働時間の延長等、サービス向上を期待しています。 注)利用可能時間は、口座を作っている信金・信組の利用時間内ですよ


お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。