いくらまで借入が出来るの?


フリーのローンカード、クレジットカードのキャッシング借入残高について

昨年施行された、改正貸金業法により皆さんへの融資金額規制が制定されました。

貸金業者の融資残高の最高額は、年収の1/3迄です。
年収の1/3を超える残高になると、以後の新規融資は、年収の1/3以下になるまで、ストップされてしまいます。(契約上の融資枠が残っていても・・・ストップです)
お金計画を立てる際、注意してください。(家族カードも合算されます)

利用者確認では、
 残高10万円以上・・・3カ月に1回
 5万円以上の月内利用・・・該当月の翌月速やかに
必ず、毎月情報照会の実施が義務付けられています。

残高情報は、各情報センターから提供され、また、法律で、利用を義務付けされています。

年収総額の判定には、証明書の提出が必要です。
残高50万円までの利用には、年収証明は不要です。(自己申告で可能です)

融資の枠と借入残額との関係について、誤解しないで!

カード契約すると、融資枠が決められます。ローンカードでは、1枚当り、200万円程度、キャッシング枠は30万円程度です。契約は、何件でも可能です。ですから、年収が、450万円の方でも、複数契約すると、融資枠は、600万円以上になることは可能なのです。ですが、実際に利用できる枠は「450万円の1/3の150万円迄」という事になるのです。

そこで、一度検討したいのが、金融庁の監督下にある銀行のローンカードです。

銀行は、年収の1/3の残高規制は受けません。銀行の取り扱うカードは、その規定内での判断で審査することになります。

その意味では、大手カード会社・信販・流通系カード会社とは違って、銀行等の金融機関の商品の魅力も高まってきています。

消費者金融会社さん等の商品は、年収の1/3を超える残高になると、
融資は、年収の1/3以下になるまでストップされます。
計画的なご利用を!

お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。