無利子の奨学金の評定基準を緩和


 奨学金については、国の制度で貸与型の無利子と有利子の奨学金が供給されています。
 しかし、卒業しても就職できなかったり、収入が少ないために奨学金の返済が滞るなど、大きな問題になっています。現在、返済負担を少しでも減らせたらと有識者・地方自治体が知恵を絞っているのが現状です。
 無利子の奨学金は以前から対象者を増やしていますが、まだ希望者全員には行渡っていないのが実情で、文部科学省は来年度から無利子の奨学金の評定基準を緩和し、特に経済的に苦しい家庭の子どもについては成績基準そのものを緩めて対象を広げる方針のようです。有利子の奨学金には、特に成績基準がありません。
 さらに困窮世帯を中心に返済の要らない「給付型奨学金」の制度を新設する方向で検討しているとの報道もありました。
 すでに、各大学では、給付型奨学金も提供されていますが、早めの実施をお願いしたいですね。

お金計画


お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。