iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金


 お金計画 テレビでiDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金の説明をしていました。
 あまり聞かない言葉ですが、今年の所得税控除の記事で、対象者範囲と控除金額拡大について案内しました。メリットは、年金の積立金がすべて所得控除されるということ、デメリットは60歳以上にならないと引き出せないという事でした。

 丁度、厚生年金の平均月額が報道されています。厚生労働省は厚生年金の年齢階層別の受給額を初めて示し、「厚生年金の平均月額は60代後半が約15万円で、80代後半は約17万円――。」という内容でした。
 今後も公的年金の支給開始時期の引上げも噂される時代です。自分の老後は、自分で計画する必要があります。
 現在の低金利時代にはお薦めのシステムだと思います。
「ローリスク・ローリターン」や「ハイリスク・ハイリターン」などの運用方法や60歳からの受給方法も選択できます。
 ただし、年金の被保険者の種類等で毎月の積立金には制限がありますが、全額所得控除対象になるという事が大きな特徴ですね。
 iDeCo(イデコ)も老後資金の選択肢の一つですね。研究してみてください。


お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。