クレジットカード会社の不正使用防止対策


お金計画 テレビでクレジットカード会社が行っている不正使用対策が特集されていました。
先日の偽造クレジットカードでの不正使用のニュースから、クレジットカード利用に対する不安が話題になっているようです。
 クレジットカード会社では、不審な利用がないかをチェックしているとのことでした。
 特に、購入場所、商品、金額、数量、時間帯等について過去の購入情報を分析し、不審な点が無いかをコンピュータで判定しているようです。
 私も以前、精算レジでカード会社から私宛に本人確認の電話がありました。コンピュータシステムでチェックが入り確認させていただいたとのことでした。
 初めてのことで私も一緒にいた家族も恥ずかしい思いをしましたが、利用者のための確認電話だという事で安心した次第です。
 また、友人がクレジットカードを新規に申込んだら、否決されたことがあり、疑問に思って自分の信用情報を確認してみると、クレジットーカードを多数持っていたことに気づかされたそうです。頼まれて作ったものや、会員カードにクレジット機能が付いていることも多く、使う頻度の高いカードだけにして、利用していないものは解約したと聞きました。
 自分で管理できるのは2~3枚程度です。その枚数なら紛失・盗難にあってもすぐ気づきます。
 不審であれば自分の信用情報がどのようになっているか調査することも必要ですね。


お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。