異次元緩和政策・少子高齢化の地域銀行ビジネスへの影響


お金計画最近、地域銀行経営統合のニュースをよく見聞きします。
東京都民銀行と八千代銀行、横浜銀行と東日本銀行、肥後銀行と鹿児島銀行と地域銀行同士の経営統合が進んでいます。
特に金融機関を取巻く環境は日銀の異次元緩和政策から、貸出金利や国債利回りの急落、住宅ローン等の顧客獲得による金利の引き下げ競争が止まらず、地域の人口減と並び収益力の低下が地域銀行再編の圧力になっているようです。

今後、高齢化の進む地域では老後生活の維持から高齢者は預金を取り崩していくことも考えられ、預金の減少から資産の圧縮も余儀なくなる可能性があります。

将来を見越した再編ですが、守りの経営でなく顧客ニーズにあった商品や新サービスの提供、また企業向けには新しい企業の育成、経営力強化、事業再構築、海外進出等に貢献し、産業活力の向上を通して地域の活性化に寄与していくことが求められることでしょう。
地域が元気になって活気のあふれる街になって欲しいものです。


お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。