本人確認資料


お金計画 先日、取引のない金融機関で振込みを手続きを行ったところ、写真付きの本人確認資料の提示を求められました。各種健康保険証等の顔写真がない本人確認書類の場合は、他の本人確認書類や公共料金の領収書のご提示(2種類)をとのことでした。
 10月1日から本人確認書類が厳格化されたそうです。

 投資信託等でお金を運用されている方も多いと思います。
 先日、マイナンバーを届けるように求められ、マイナンバーカードでない方は、マイナンバーの他に写真付きの本人確認資料(免許証・パスポート)のどちらかを、顔写真がない確認書類の場合は、「住民票の写し」の原本 ・「印鑑証明書の原本」(「住民票の写し」、「印鑑証明書」は発行日から6ヵ月以内のもの)・健康保険証 から2点を届けるようにとのことでした。
 過去に運転免許証を返還した高齢者から「運転経歴証明書」が身分証明で使えないと言われたということから調べると2012年4月1日以降発行の「運転経歴証明書」は身分証明として使えるとのこと。

 これからは「公的な本人確認書類」をいつでも提示できるように準備しておかねばなりませんね。


1
お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。