団体信用生命保険


団体信用生命保険(通常「団信」と呼んでいます)とは、住宅ローン利用者に対して多くの金融機関が加入を借入要件としている保険です。

突然、被保険者(住宅ローン利用者)が死亡・高度障害が残った場合、住宅ローンの残高を利用者に代わって金融機関へ支払う生命保険です。

一家の大黒柱が亡くなり、生活設計を立て直さねばならない遺族にとって優しい制度です。通常は金融機関が指定する保険会社に加入することで保険料も安くなります。保険料は、金融機関が負担するケース、契約者が負担するケースがあります.

また、加入には、一定の審査(告知)があります。「健康」であることです。

保険と言えば、住宅ローン利用と同時に火災保険にも加入することになります。
担保物件(購入したマイホーム)が万一、火災等の事故で価値が減少したり無くなったりする補てんのために、火災保険に加入し、金融機関が保険に質権この場合の質権とは、住宅ローン代金の支払い終了までは、万が一火災が起きた場合に支払われる保険金は金融機関が先に受け取りますよ!という約束のもとに、保険の権利を預かるということです。を設定します。
火災等の事故発生時には、火災保険料は本人ではなくて、金融機関の貸出金に充当されることになります。

勿論ローン完済時以降は、契約者に火災保険契約が戻ります。

 


Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!

コメントは受け付けていません。