商品名からローンの特徴 住宅ローン


銀行や信用金庫、信販会社にカード会社、お金を扱うところもいろいろありますが、何が違ってどうなるの?
いろんな疑問がありますが、商品名からどのような目的で作られたのかなど、名前から商品の特性を探ります。

住宅ローン
概要 国が行うもの以外では一般的に金融機関が主に扱います。
低金利時代が続いているので、バブル期に当時の公庫で借り入れていた人は、銀行の住宅ローンで借り換えを行った方が、総返済額が少なくなるという状況が続きました。
この住宅ローンも金融機関では、保証協会を通じての保証商品として取り扱うケースが大半なので、リスクの少ない、推奨商品として扱う金融機関も多くあります。
利用可能金額 大まかには、購入額の80%程度、返済率(年間返済額÷年収)25~30%程度が一般的です
審査速度 個別審査のため、受け入れ金融機関によって幅があるようです。
返済方法 口座引落が主体となります

お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。