賃貸アパートのサブリース


お金計画 空室が出ても大丈夫!
 安心して全てお任せ!
相続税対策から不動産の有効活用等で、新聞でも『30年一括借上げシステム』の広告を見かけます。
 ところが、借金までしてアパートを建てたものの、数年後に賃貸の家賃を減額された・・・等の苦情が相次いでおり、国土交通省は、減額リスクの説明義務化に制度を改正するようです。

 サブリースシステムは、不動産会社が貸主から賃貸物件の「全室を一括で借り上げる」「家賃は保証する」など、大家さんにとっては非常に魅力的です。
ただし、メリットとともにリスクもあります。
 <メリット>
  ・空室リスクが少ない
  ・苦情・トラブル対応が不要
  ・家賃滞納がない 等
 <リスク>
  ・2年ごとの契約見直しによる賃料減額
  ・メンテナンス費用等の要求
  ・将来の金利上昇(購入金額を借入に頼るケース)
 その結果、当初計画時の目論見と大きくずれてしまうことも考えられます。
 「賃貸経営はサービス業である。」という基本を忘れることなく検討すべきだと思います。
 家賃は、賃借人様から頂いているのです。
 新聞報道では、全国に820万戸(2013年)ある空き家のうち賃貸住宅は429万戸と半数以上。需要に見合わないアパート建設が空き家の増加につながる、との指摘もあるようです。


Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは停止中です。