訪日外国人客向け自動翻訳機


お金計画 会議などでの各人の発表をワード等に書き起こすソフトは以前より使われていますが、技術の進歩によって使い勝手や音声認識精度が高くなってきています。将来、外国語会話の自動翻訳機が出来ると思っていましたが、パナソニックとJTBが協業し「2020年に向け、訪日外国人客向け自動翻訳機などを設置する」とリリースしました。

 観光庁では2020年に訪日外国人観光客「2000万人」を目指していますが、サービスやインフラ面に改善の余地が多く残されていることが議論されています。中でも一番のインフラは対外国人との会話でしょう。
「実験開始は7月で、ホテル、旅館や観光案内所などの外国人観光客が訪れる窓口に自動翻訳機を設置する。」とされています。当初は英語、中国語、韓国語、日本語に対応し、話しかけると自動翻訳して音声や文字で表示するそうです。実証実験を通じて翻訳の精度や使い勝手の向上などにつなげていき、サービス水準も高めていくでしょう。
旅行先での言葉の壁を心配せず、気軽に現地語の会話で旅行できる時代がそこまで来ているような気がします。


Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは停止中です。