いまだにこんなパスワードが・・・


お金計画パスワードのランキングと言うのがあるそうです。先日の報道で、パスワード管理ソフトメーカー米SplashDataがまとめた2013年版「安易なパスワード」のランキングが、「password」から「123456」に変わったとの報道がありました。まだこのようなパスワードが使用されているのですね。

パスワードの危険度は、多くの人が使っている言葉のようです。危ないパスワード例の紹介がありました。
キーボードの配列を利用した「123456」「qwerty」、また、「abc123」・・・なるほど納得、おぼえやすい。
その他「ID」「電話番号」「郵便番号」「誕生日」「自分の名前」だそうです。パスワードよく忘れてしまいますね。覚えにくく規則性のないパスワードは忘れてしまうものです。

ところで、前回紹介した方法以外に「文字をずらすパスワード」の紹介もありました。工夫してください。例えば「てづかおさむ」を1文字ずつ後ろにずらすと「とできかしめ」。と言う案内がありました。一つの方法ですね・・・

前回ご紹介しましたが、パスワードについては、セキュリティー会社から「共通化しない」「長くする」等の注意が喚起されています。
 面白いパスワード設定
  ●単語ではなく、文章にする
   例)okanehakeikakutekini(お金は計画的に)
  ●計算式を使う設定
   記号が意味を持つ計算式を使用する。
   ”1+3=Root16″(1+3=ルート16)のようなパスワードは、数字や特殊文字を使い覚えやすい。
 皆さんも、検討してみてください。

 ●みなさんもパスワードの使用には気をつけてくださいね。

お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。