方言で出身地が当たるアプリ?


お金計画方言に関する二択に何問か答えるだけで、出身県を当てます――。東京女子大のゼミが開発していた「出身地鑑定方言チャート」が完成し、ウェブ用のアプリで公開を始めた。「自分の知らなかった方言に気づき、出身地を好きになるきっかけになれば」と期待している。と言う記事が出ていました。

地元アピールに関しては、ご当地「ゆるきゃら」、選抜高校野球等、出身地の活躍はうれしいですね。
総務省も地域おこし協力隊で財政支援も行っています。各自治体も、地元へのユーターンをPRして地元の活性化を図ろうとしています。
総務省より発表されている人口分布を見ると、三大都市圏では日本の人口の60%が集中しているとか、地方に格差が発生しているのです。

ところで、我家の耐震工事の補助金で気付きましたが、都市圏の住宅のほうが助成金が大きいのです。地方自治体の財源は、各企業の法人税や住民税により、インフラ等が整備されます。
私の住む地方自治体の耐震の助成金は最大60万円ですが、都市圏に住む住民は100万円と大きく金額が違っていました。

納税地を自分で選択できるふるさと納税制度もありますが、地域金融機関の役割も非常に大きいので、地方活性化のためにぜひとも頑張って欲しいですね。


お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。