金融は、サービス業である・・・(銀行に足りないものは何?)


ある金融機関おはなしです。
「金融は、サービス業である・・・」と思った経緯は・・・

 銀行に振込に行くよりもコンビニへ振込に行くほうが便利。
 なるほど、コンビニのほうが店舗も多いし営業時間が長いですね

○では、サービス業として求められる銀行像とは

一般向け ・入りやすい銀行(銀行に遊びに行く感覚)・・・
・預金したくなる制度・仕組み(ポイント制度) 
・困った時の金融サービス(営業時間延長と出張窓口・スピーディーな融資)
・気軽に、立ち寄れる店舗、安心なマイバンク(各種ローン)
企業向け ・地場産業への安心できる支援体制(スピーディーな融資)
・経営相談(企業の強み・弱みの指導・経営相談・公的支援制度の案内他)
・早めに相談できる雰囲気、入りやすい店舗
・企業のマッチング企画(企業の強み・弱みのからのマッチング)
・商談会の開催企画(バイヤーへの案内)

 その基本は、地域との繋がり、子から親までの付合いの出来る地域銀行を目指しているとの事。
 その為、銀行員の異業種研修で、一年間コンビニで研修を受けさせる銀行もあるようです。
 経営計数だけで、事業を判断してはならないことの教育でした。
 このポリシーを実践している金融機関があるのは驚きでした。利益率だけを追求する他の金融機関の経営陣には、耳の痛い話ですね。

 以前、ある消費者金融会社が、街のコンビニキャッシングを目指し、無人自動契約機が大ヒットしたことは、お客様のニーズにマッチした結果だったのです。

頭取とは、雅楽の演奏における「音頭取り」に由来するそうです。
地域銀行においての頭取は、まさしく地域経済の音頭取り。
現在、全国好感度の人気銀行は、一位・二位がネット銀行だそうです。

お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。