メガバンクのATM手数料見直しへ コンビニ有料化


お金計画 三菱東京UFJ銀行は11月以降、現金自動出入機(ATM)の利用手数料を見直す。いまは自行以外のコンビニエンスストアのATMでも平日昼は無料だが、有料(105円)にする。と発表しました。

 銀行は、預金者がコンビニATMを利用する度に100円程度の手数料をコンビニATMの運営会社に払っていますが、コンビニ利用が増加し負担が大きくなったため、利用者に負担を求めることになったのです。一方、自行ATMの無料時間を拡大することでサービスを充実するとしています。この動きには、他行も見直しの動きがあるようです。

引き出し手数料は、回数が増加すると結構負担ですね。

ところで利息制限法では、消費貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭は、礼金、割引金、手数料、調査料その他何らの名義をもってするかを問わず、利息とみなされる事になっています。
カードローンで、1万円の引き出しで105円を支払いますが、これを金利としてみると超高金利になります。
しかし、みなし利息の特則によりATMの利用手数料は利息と見なさない事になっています。

利息を安く抑えようと小口で出金すると、かえって手数料が高くついてしまうことも考えられます。ATMの利用も計画的である必要がありますね。

お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。