アンドロイドペイとアップルペイ


お金計画 iPhoneとAndroidの端末のシェアについては、日本はiPhoneを支持するユーザーが多いと言われています。
 そのような状況で、米グーグルは決済サービス「アンドロイドペイ」を今秋から日本国内で始めると発表していましたが、今回アップルも決済サービス「アップルペイ」を日本国内で導入すると発表しました。

 今迄iPhone端末には、「おサイフケータイ(※Felica)」の機能がありませんでしたが、iPhone7から機能を追加、同時に、Apple Pay(アップルペイ)も利用できるようにするようです。
 一方のAndroid端末(日本国内向け)は、すでに「おサイフケータイ(Felica)」が利用出来ていましたので、今秋から米グーグルが楽天Edyと連携して、Android Pay(アンドロイドペイ)の決済(ローソンなどEdy対応店舗)できることになります。

 これ等の動きは、日本市場でのiPhone端末とAndroid端末とのシェア争いに大きく影響してくるようです。
 そして今後は、決済機能として大きなシェアを持つクレジットカード業界も巻き込まれるようになりますね。

 ※FeliCa(フェリカ)は、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式です。
 Edy、eLIO、SFカード(Suica、ICOCA、TOICA、PiTaPa、PASMOなど)で利用されています。一般的に「おサイフカード」とも呼ばれ、携帯でも利用されています。


Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1
お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは停止中です。