お札の購入?メルカリ等のオークションサイトでの出来事


お金計画
最近の一部新聞報道で、「お札コレクションとして普通のお札がオークションで出品されていた」との報道がありました。
実態は、そのお札はコレクションではなく、普通のお札です。

何の変哲もないお札10万円を13万円で購入ということで、現金が必要な方が家族に内緒で、又は多重債務者が困って利用しているのではとの内容でした。



何でもない普通のお札10万円を3万円高く買うというあり得ない話ですが、クレジットカードで決済すれば、クレジットカードの引き落とし期日までの日数、キャッシングすることと同じになります。

次の引き落とし日まで30日間あるとすれば、10万円を3万円の手数料(月30%)で借りたことと同じになります。これを金利(年率)に換算すると

30%(月利)×12ヶ月=360%(年率)

で借りたことになります。
とんでもない高金利となりますが、これでも現金が必要という方がいらっしゃるということなのでしょう。

以前から、クレジットカード利用枠の現金化手口で、商品(10万円分)をカードで購入しその後、それを売却(8万円)して現金化する方法がありました。結果として手数料2万円(25%)で現金を借入した事と同じ(年率300%)になります。

この様なことが出てくる状況は、過去の多重債務問題の状況と似てきています。
金融機関でも、最近過剰融資対策として、収入証明書の必要のない貸付枠を50万円に引き下げる方向のようです。

もしその様な状況になってしまったら、相談できる窓口へ


お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。