銀行取引でも印鑑不要に


お金計画  金融機関の取引で印鑑不要のシステム導入が進んでいます。
 よく話題にのぼる大垣共立銀行(岐阜県大垣市)が来春から「手のひら」で、また近畿大阪銀行(りそなホールディングス傘下)では、「指の静脈認証」で、本人確認をするとしています。三井住友銀行も検討中だそうです。

 すでにインターネット銀行では印鑑は基本的に不必要ですが、お客様サービスの点から各金融機関も導入に前向きなようです。
 一方で、スマートフォンでの「本人確認」を大手行(三菱東京UFJ銀行)も導入を計画しているようです。
 このように、窓口での手続きやサービスの「印鑑なし」の動きは進んでいます。

 旧来、各契約書は「記名捺印をお願いします。」だと思っていましたが、先日ある生命保険会社で契約書は、モバイルパソコンの空白欄にタッチペンで署名する形式でした。印鑑は一切不要でした。
  
参考)印鑑は契約時に必要か?
 調べると証拠能力として高いのは、

署名捺印

署名のみ

記名押印

の順のようです。

 現在は、署名から手のひらや指の静脈認証にまで変化しているようですね。


1
お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。