カードローン(ローンカードと同じ)(ローンの豆知識シリーズ)


 テレビ、新聞、雑誌で広告しているのをよく見かけます。
 カードローンは、カードを利用して予め契約した貸出枠の範囲で資金を借り入れることができる商品です。いつでも何度でも繰返し利用できるので人気のシステム(リボルビング方式)です。
 利用について、貸出枠内では簡単に利用できるので、短期間の借入にお勧めです
 また、使い過ぎに注意することも必要です。

現在
 ①銀行等の金融機関が発行するカードローン
 ②クレジットカード会社・信販・消費者金融(貸金業者)等が発行するカードローンがあります。
 その他、クレジットカードのキャッシングもカードローンの一種ですが、貸出枠は小口でショッピング利用と合算になります。一方でローン専用のカードローンは、100万円~500万円と高額の貸出枠が利用できます。

 ①と②の違いは所属する業界から以下の通りです。
 ①の金融機関の発行するカードローンは、貸金業法の総額規制には含まれません。
 ②の貸金業者のカードローンは、貸金業法の総量規制(他社借入金も含む)で、借入総額が年収の1/3までに規制されます。

以上が予備知識でどこのカードローンを選択すればいいのでしょうか?皆さんのニーズは多様です。

何をメインに考えるかということがポイントです。
 1.借入金利、2.貸出枠、3.利用場所・時間、4.返済方法のどれがニーズに合っているのでしょうか?
借入金利は安い方が良いに決まっていますが、現在提供されているカードローンは、あまり金利差はありません。ですから、「当初何日間は無利息」等で他社との違いをPRしているのが現状でしょう。
では、利用場所・時間はどうでしょうか?ほとんどのカードローンは、金融機関のCD・ATMが利用できます。でも、深夜、早朝での出金や、返済はどうなるのでしょうか?業者によれば24時間対応しているカードローンもあります。仕事がら、金融機関の営業時間に利用できない方もいらっしゃいますね。
また、返済方法はどうでしょうか?いつでもどこでも自由に返済できるのでしょうか?

 審査(貸出枠)はどうでしょうか?
 皆さんの信用情報、年齢、勤務先、勤続年数、年収、お住い状況等に応じて機械的に審査されます。最初は、貸出枠が少なくても、皆さんの利用実績に応じて限度額を増額するのが一般的です。もし可決にならない場合は、一度信用情報の確認も必要ですね。

 まずは、貸出枠にこだわらず、皆さんの生活スタイルで選択し申込をすることが大切です。


Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは受け付けていません。