保証人


「簡単キャッシング・・・」と言われているのに、
「保証人が必要です」と言われると、ちょっと・・・考えますよね。 

小口キャッシングで保証人の必要なケースは、ほとんどありません。
これは内緒の資金使途も多く、会員獲得のため、利用者ニーズに対応した結果です。

しかし、安易な融資は貸し手側にとっても、大変なことになります。

従って、各社は、
1、金額の減額を依頼する。(大半の消費者信用専業者が採用)
2、或いは、保証会社(保証料を支払う)に引受てもらう。
(銀行、銀行系専業者及び小規模業者が採用)
ことで対応しています。

今、「保証人」を依頼するケースは、無担保のおまとめローンなど、金額が大口になるような場合です。

連帯保証人と保証人の違いは?

まず、連帯保証人は、申込み人(契約者)と全く同じ契約をしたことになります。
つまり、債権者(業者)は、債務者(契約者)、及び連帯保証人の二人に融資をし全く同じ契約を締結したイメージです。
その結果、業者は、たとえ契約者が正常に支払っていても連帯保証人に、何時でも請求することが出来ます。
 
保証人の場合は、業者は、まず契約者に入金交渉を行い、契約不履行が発生すれば、その後ではじめて、保証人と交渉することが出来ることになります。
当然、保証人も、契約者と交渉するよう要求できます。連帯保証人の場合は、要求出来ません。

従って、業者の保証人欄は、大半が「連帯保証人」となっていますよ。
「連帯」の文字が付いているだけですが、内容は、大違いです。

一旦保証人になると、保証人の辞退は、ほぼ出来ません。
気軽に保証人にならないでください!

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントは受け付けていません。

お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!