社会貢献の波(株主優待・ふるさと納税・クラウドファンデイング)


 お金計画株主優待についての記事が多く掲載されています。景気回復に伴い、企業業績の伸びは、大きく、株主優待を取り入れている企業の多くは、金券やギフト券の配布を決めています。
 しかし、最近の傾向として、社会貢献型の環境に寄付を行う株主優待も増加しているようです。
 それは、投資家が社会貢献に少しでも協力したいとの思いが増加していると解説されています。

 社会貢献については、最近話題の、ふるさと納税や、クラウドファンデイングも寄付型の制度が最近注目を集めています。

 ふるさと納税については、返礼品競争が注目されますが、公共施設の充実などを訴えている自治体もあり、一定の効果が認められています。
 クラウドファウンデイングでも、同様に、寄付型の制度も多くの寄付を集めいているのが分かります。
 目先の利益でなく、社会貢献したいと考えている方も多いのだと思います。

 ただし、それぞれ社会貢献型として認知されていますが、税金の扱いは違っているようです。
 ふるさと納税は、制度として確立され分かりやすいですが、クラウドファンデイングは、内容により税金の扱いが違うようです。特に、寄付型クラウドファンディング の場合は、税法が非常に複雑なようです。

 寄付側も、寄付を受取る側も、せっかく寄付したのに、税金が思っている以上に負担となると、意味がありません。注意が必要ですね。


Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは停止中です。