奨学金の利用について


お金計画 大学入試の時期になりました。進学を希望される子供さんがいる家庭は学費の準備が大変です。奨学金を利用する学生も多いですが、延滞の増加してきており、返済負担を少しでも減らせたらと有識者・地方自治体が知恵を絞っています。
 奨学金の利用者(日本学生支援機構除く)は、平成15年度の269千人から平成25年度には428千人となっています。それに日本学生支援機構の利用者(推定百万人)を合計すると、平成25年度には延べ1400千人の方が奨学金を利用しています。

 現在の奨学金についての大きな課題は、「返済」です。日本学生支援機構のアンケートによれば、延滞者の延滞理由は、本人の低所得、または無職(失業中)であるという理由が多くなっています。
卒業したものの正社員で就職できず、奨学金返済に悩む卒業生も多くみられます。

   <参考>平成25年度末現在の状況(日本学生支援機構の参考データから)

  3,424千人 返還を要する者の債権(期日到来分のみ=返済が始まっている人)
  3,090千人 正常に返還している者
   334千人 1日以上の延滞債権 (10%)
   187千人 3ヶ月以上の延滞債権(6%)
「個人信用情報機関」に登録されます。クレジットカードや自動車ローン、住宅ローンが組めないケースが発生する

そこで、以下のような検討または実施がされています。
 ①有識者会議では、所得連動制の導入を検討。2017年度に導入予定
 ②地方自治体は、地元Uターンの学生には補助または一部返済免除の実施

返済が遅れると金融機関の情報センターに登録され、その後の生活設計にも影響します。
奨学金の利用についても計画性が必要ですね。
また、地方自治体の試みも地方の活性化に繋がるといいですね。


Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
お金ネタのBlogがいっぱい!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ   blogram投票ボタン
商品名からローンの特徴!


コメントは停止中です。